時ならぬ雨

  昨日の夕方から夜半にかけ雨が降りました。雨量は11弌⊂菅でこの時期に雨が降るのは極めて稀です。今朝は周囲の山に霧が立ち昇り、早春の趣でした。
  

 2014年がスタートして今日で9日、年明けとともに渓流解禁への機運が高まってきます。今年の小菅川の解禁は、3月1日土曜日の正午です。解禁まで、後、50日あまりです。
  
  
 昨年の9月から10月に連続して襲来した台風以降、C&R区間だけでなく源流域も含め、小菅川全域で魚影が薄くなっています。11月末頃まで水量が多く、魚の姿を目視するのが困難な状態が続き、そのまま厳冬期に入りました。魚影が薄くなった要因としては、一時避難した特定の場所に魚が集まっている、奥多摩湖へ降下した、カワウやアオサギの食害など、いくつか考えられます。サケマスは、低水温時には数ヶ月は餌を摂らなくとも生きられるとのこと。3月の解禁以降、魚たちが復活してくれることを願っています。
  

 昨日の雨で冬季釣り場周辺の雪も大分少なくなりました。冬至から3週間、日の当たる場所も徐々に広がってきています。水量がとても少ないため、マスたちは深場に集まっていました。今朝の水温は4度、この時期としては高く最下流のプールではライズリングがあちこちに見られました。
  
  
 1月から遊漁料が改定され、日釣券が1,000円となっています。魅力溢れる小菅川づくりを一層推進していきますので、本年もよろしくお願いいたします。