河川工事

  昨日と今日の2日間、余沢橋から下流の2箇所で、県管轄の河川工事が行われました。余沢橋から吊橋下流まででは河川内に散在していた鋭利な鉄筋棒などの撤去が、金風呂の水量計から下流では消防水利道の補修が行われました。2日間、この区間では工事により終日濁り、ご迷惑をおかけしました。しかし、工事に併せて、深みを設けたり、石を掘り出すなど、魚の付き場所の整備を行ってただきました。河川環境が改善され、週末には魚も付いてきます。これからが楽しみな区間が増えました。
  
  
 ▲余沢橋から吊橋下流。危険物の撤去に併せ、深みや早瀬など、多くのポイントができました
  
  
▲水量計から下流側左岸の水利道路を補修。淵の補修や石の掘り出しも行われました

 昨日の2時過ぎ、30分余りですが猛烈な夕立がありました。時間雨龍は24弌以降も4時頃まで弱い雨が続き、累計では28个肪しました。猛烈な夕立の後、直ぐに水量は3倍余りに増え、夕方まで濁流になりました。今朝は濁りは取れていましたが、水量は2倍以上になっています。今週末も水量の多い状態が続きます。特に、白沢川の合流点から下流での渡渉では、場所の選択と慎重な足運びをしてください。
  
  

 水量が増え、魚の遡上が活発になっているのでしょうか。今日は水量計の魚道にハシブトガラス頻繁に飛来し、魚を狙っていました。
  

 渓流沿いなどで一面に白い花を咲かせているのはクマノミズキ、薄暗い林の中ではヤマアジサイが満開を迎えています。釣りの合間、花の散策などはいかがでしょうか。