ようやく春が

 月曜日から暖かさが戻り、昨日の最高気温は20度近くまで上がりました。この暖かさは今週末頃まで続くようです。気温の上昇とともに生き物たちの動きも活発になり、今朝はウグイスの初鳴きを聞きました。渓流沿いに多いダンコウバイの花が咲き始め、川原では早朝からキセキレイが虫を探して飛び回っていました。
  

 今朝の水温は6度、日中には8度を上回りそうです。水温が上がり、ようやく居つきの魚も動き出しました。水量はこの時期の平水、流れの中でもマスたちの姿が見られるようになりました。
  
  
 水生昆虫の羽化も増えてきました。小型のカワゲラやトビケラに混じり、昨日は16番前後のフタオカゲロウの仲間も見られました。羽化の時間帯は10時頃から2時頃までですが、ガガンボやユスリカは4時頃でも数多く飛んでいました。ハッチとともにライズもあちこちで起きてきています。昨日は水量計で43cmのニジマス、吊り橋下流で29cmの泣き尺ヤマメを釣った方の写真を見せていただきました。
  
  
  

 瀞瀬で16番前後のフライに、ヤマメが飛び出してきます。まだ水面の虫を捕ることに慣れていないのか、針ががりは少ないのですが、反応は良好です。この暖かさが週末まで続けば、瀬の中からも反応してきそうです。とはいえ、早春の天気は気まぐれ、週末アングラーがハッチとともにあちこちで起こるライズに出会えるのには運が大きく左右します。マッチ・ザ・ハッチの釣りはこれから5月初旬ころまで、有給休暇が残っている方、ぜひ、天気予報を確認し、平日に釣行されることをお奨めします。
  
  

 金風呂の砂利搬出工事が終わりました。ご協力ありがとうございました。工事が終わり、駐車スペースが大幅に広くなりました。左岸護岸沿いには桜やケヤキの大きな木があり、これらの木では枝の一部が枯れています。風などで枯れた枝が落ちることがありますので、これらの木を避け、川側へ駐車してください。
  


お知らせ
 バーブレスフック普及協会が、テンカラ大王『石垣先生』を講師に招き、釣りのイベントを小菅村で開催すべく、参加者を募集しています。詳細は こちら まで