カワウとアオサギ

 7月の台風11号以降、C&R区間でカワウとアオサギの姿を見かけることが多くなりました。特に8月の中旬以降はその数が増え、多い日にはカワウ14羽、アオサギも10羽もいました。飛来時間は早朝の5時から7時頃、ここ数日は10羽前後の一群となり、C&R区間の下流部か、フィッシングヴィレッジへ降りています。
 昨日の午後、奥多摩湖の状況を見てきました。日中、カワウが休憩していることの多い、大蔵、深山橋、ダムサイトの3ケ所で、上流側から11羽、5羽、35羽と最低でも51羽以上を確認しました。大蔵は金風呂から3kmほど下流にあるアオコ対策施設で、いつもは3羽前後でしたが、昨日はカワウが11羽、アオサギも8羽いました。
  
  
 連日のように追払いを行っていますが、人馴れしたのか、全く懲りることなく毎朝飛来します。カワウとアオサギの影響からか、金風呂では魚の姿が見られなくなっています。県のカワウ対策担当者などに相談し、対策を講じていきますので、もうしばらくお待ちください。
 

 水温は17度前後、水量も平水よりやや多めと川の状態は良好ですが、魚の反応は今一歩といった状況が続いています。C&R区間で魚影が多く見られるのは、水量計の淵と大成沢出会い上流の瀬です。水量計から上流はカワウ・アオサギの飛来が少なく、水量計の淵は流速が早い上に深さもあるためカワウが付けないためのようです。区間をくまなく歩き、多くのポイントを探らないと中々魚に出会えません。シェイプアップを兼ね、動き回ってみてください。
  
  

 一昨日、昨日と10月中旬の気候になりました。特に火曜日は日中も15度前後で、村内のお年寄りで電気コタツを使った家もあったようです。このまま秋になることもないでしょうが、季節は確実に秋へと移って来ています。
  
 胡桃の実が熟し、この実が大好物のリスの姿を見かける機会が増えてきました。南へ帰る夏鳥の重要な食糧の一つのミズキの実も食べ頃になっています。鳥たちの囀りは殆ど聞くことがなくなり、ツバメの姿もめっきり減ってきています。渓流シーズンも残り1ケ月余り、今シーズンの締めの釣りができますことを、お祈りしています。