イブニングの季節に

 ゴールデンウイークが過ぎ、いつもの小菅村に戻りました。木々は新緑から深緑へと移ろいつつあり、山藤の花が盛りです。小菅では藤の花が目立つ年は作物は不作だという言い伝えがありますので、今年の作柄が気にかかっています。藤の花のほかにはホウノキや栃、ヤブデマリやウツギの仲間が咲いています。朝夕の冷え込みもなく、とても過ごしやすい季節に入ってきています。
  
      
 カゲロウの羽化の時間帯は日中から朝夕へと変わり、イブニングの季節を迎えています。スーパーハッチこそ見られませんが、モンカゲロウの姿を見る機会が増えています。フライでは、日中にはアントやビートルズなどが欠かせなくなってきているようです。ウグイは、遡上最終点の清流苑まで達していますので、ルアーではダム育ちの大型ヤマメ・イワナに期待しながら、様々なポイントを狙ってみてください。幸運をお祈りいたします。