猛 暑

 梅雨入り宣言以降、一向にまとまった雨が降りません。それどころか真夏日が連日続き、今日の正午、もみじ橋の温度計は34度を表示していました。最高気温は35度以上になりそうです。日中は猛暑ですが早朝の気温は20度前後、気温差が大きく体調管理に苦労しています。

    

 今年は夏の到来がが速いようで、7月の初旬から盛夏の花のネムやオオバギボシが開花し、大和撫子とも呼ばれるカワラナデシコや中国原産のノウゼンカズラが盛りを迎えています。このまま梅雨の雨が降らないで、梅雨明けになってしまうのではないでしょうか。小菅でも水不足が懸念されかねません。

  

  

 

 雨が降らない上に連日の猛暑で、水量が極端に減っています。今年は解禁以降、一度も川が濁るような雨が降っていませんので、アオミドロなどの藻類がトロ場を覆っています。今日の午後2時、金風呂の水温は20度に達していました。今日は多摩西部方面で夕立の予報が出ていますので、まとまった雨に期待しています。 

  

  

 C&R区間の大成沢から下流へは明日の夕方、大小交じりでニジマス60kgを放流します。また、一般区間へは今週から来週にかけ特別放流として3魚種の大型魚を主体に、40kgを放流する予定ですのでご期待ください。