台風10号

 台風10号が、今日の18時頃に大船渡付近に上陸したという発表がありました。気象庁が統計を取り始めた昭和26年以降、8月に東北地方に台風が上陸したのは初めてのことだそうです。台風慣れしていない地域ですので、災害が起きないことを願っています。

 この台風10号の影響で、小菅でも27日の土曜日から今日の15時頃まで断続的に雨が降りました。4日間の総雨量は114ミリで、ピークだった今日の9時頃には、小菅川は濁流となっていました。10時頃から降り方が和らぎ、15時には上がりました。雨が上がると太陽が顔を出し、水位も急激に下がってきています。午前9時と午後5時に余沢橋、大成沢出会い、水量計の3ケ所の状況を撮影しましたのでご覧ください。

  

  

  

  

 午後5時の時点では断言できませんでしたが、金風呂の河原は左岸側に流れが変わることはなさそうです。また、フィッシングヴィレッジも被害はなさそうで、明日は施設内の確認のため臨時休業し、9月1日から通常営業を行う予定です。

  

      

 今回の雨は、時間雨量は少なかったのですが、4日間という長い期間でじっくりと降りました。このような降り方の後は、一気に水が引くことがなく、水位の高い状態が数日続きます。水は澄んでいても流れが速くなっていますので、渡渉には細心の注意を払ってください。また、源流部はもとより、流域一帯で土砂崩れや落石の危険性が高くなっています。明日以降天候が回復するとの予報ですので、水量が落ち着き、落石等の発生も少なくなる週末以降の釣行をお勧めします。