小菅川 解禁まであと4日

  小菅川の解禁は3月第1土曜日の正午で、いよいよ4日後となりました。当日は、午前8時頃からすずめのお宿の駐車にて年券、日釣券の販売を行います。また、放流は午前中に行い、正午の村の防災無線の音楽で釣り開始となります。
 小菅川は初めてという方もいると思います。また、3月から4月中旬頃までは、冬の間の凍結により落石が発生しやすくなっています。そこで、放流区間の主だった降り口、落石への注意が必要な区間などを下流から写真で紹介します。


C&R区間の最下流部降り口。すずめのお宿から約100m上流の電柱の先を左折します

 
新玉川橋下流部。左写真の上側の淵から新玉川橋の間は左側からの落石に注意してください


C&R区間の最上流。この看板から下流での餌釣りは遊漁規則違反で罰金です


東部地区の日影橋の上流部。ここから清流苑までの約1劼隆屬郎険Δらの落石に注意を

 
本流と白沢川との合流点降り口。白沢川沿いの階段で本流へ降りられます

 
清流苑のヤチグラの滝の真上の降り口。やまめ道の看板の設置地点には河川への降り口があります

 
平山キャンプ場手前の工事箇所。今期中この約200mの間は橋梁工事で立入り禁止となります

 5日は天気も良さそうです。道路も今日現在は全く問題はありませんが、早朝はまだ一部の区間では凍結することがあります。解禁は正午ですので、安全運転でゆっくりとお越しください。