ナガレタゴガエルと天然魚区間のポイント

  ナガレタゴガエルは渓流域に棲むアカガエルの仲間で、日本のカエルの中では最も早く産卵を始めます。産卵の最盛期は渓流釣りが解禁となる頃ですが、分布が局地的なこともあり姿を見たことがある人は少ないのではないでしょうか。腹部の皮膚が伸び、ここに酸素を溜めることで長時間の水中生活ができるという特異な生態を持つカエルです。
 多摩川水系の上流部では比較的普通に生息しています。小菅川でも金風呂から源流部までほぼ全域で見られますが、5年前の台風による大洪水で激減しました。漁協の設置した看板や河川への降り口などの状況確認のため、源流部を歩きました。流れが緩やかで日当たりの良いところを主体に、源流部の河川でナガレタゴガエルを探したところ、数箇所で卵や姿を確認することができました。徐々にではありますが、着実に復活してきているようで、とてもうれしくなりました。
 
水中に♀1匹と3匹の♂がいました。          落ち葉の中に卵が
 
 橋立の通称一番堰堤から上流部、天然魚区間中、主な河川への降り口の状況も確認してきました。いずれも問題なく歩けますが、この時期河川沿いの斜面は落石が多く発生しますので、釣行の際には川だけでなく周囲の状況を十分確認してください。下流部から雄滝までの主な降り口、6カ所を下流側から紹介します。
 
 О貳岷當蘊紊悗旅澆蠍        ◆舗装が終わり砂利道を400mほど進んだ地点
 
:三番堰堤上への降り口           ぁ白糸の滝駐車場の約1.4匱蠢
   
白糸の滝駐車場。4月以降はトイレが使用可能に  ァ白糸の滝駐車場から800m先

Α雄滝遊歩道入り口。  6ケ所の降り口には尾数制限の看板が設置してあります