冬期ニジマス釣場エリア拡張のお知らせ

JUGEMテーマ:トラウトフィッシング 

 

小菅村漁協では12/1(日)から2/29(土)の期間、フィッシンヴィレッジを利用した冬期ニジマス釣場を開設します。

フィッシングヴィレッジの営業は11/30(土)までとなります。12/1(日)からはテンカラ、ルアー、フライフィッシングを対象としたキャッチアンドリリース限定の冬期ニジマス釣場になります。

餌釣りは禁止、当然のことながら持ち帰りも禁止です。遊漁の際は日釣り券の購入が必要です。

 

11/30(土)の営業終了後にニジマスを放流しますが放流エリアはフィッシングヴィレッジのニジマス釣場から下流となります。

 

こちらの橋より下流に放流します。

 

フィッシングヴィレッジの受付も休業となりますが、奥の商工会事務所では遊漁券の購入が可能です。

 

こちらの入口から中に入ると商工会の事務所がございます。

平日の08:30から購入が可能ですが、出張や会議などで閉まっている場合もございます。(土日祝日は休業です。)

従来から販売を依頼してある商店、宿泊施設でも引き続き購入が可能です。

 

フィッシングヴィレッジ内のトイレや水道はご利用が出来なくなります。

 


トイレの横にある水道は利用可能です。

 

上部の凍結防止用の蛇口をひねってご利用ください。

 

トイレは国道からの入口にある公衆トイレをご利用ください。

 

駐車場は川原の右岸側をご利用頂いていますが、台風19号の復旧作業がまだ続いています。

 

バリケードより上流への駐車はご遠慮ください。

 

駐車場所がない場合は左岸に縦列駐車で停めてください。

エリア内は消防水利です。万が一の場合は消防車が川の水を利用しますので、

必ず車が通れるスペースを空けておいてください。

 

右岸側は台風で抉られた場所を埋め立てています。頻繁に工事車両が出入りしています。

 

ご迷惑をお掛けしますが、ご協力をお願いします。

 

工事はもうしばらくかかりそうです。

 

また、12/1(日)は奥多摩渓谷駅伝が開催予定です。青梅市方面からお越しの方は交通規制に気を付けてください。

詳細はhttps://www.city.ome.tokyo.jp/taiiku/documents/81_ekidenkiseizu.pdf

をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

冬期ニジマス釣場工事が始まりました。

 

本日11/1(金)から冬期ニジマス釣場が営業再開しましたが、同日から橋の架け替え工事も始まりました。

 

ロープより下流は立ち入り禁止となります。工事が休業していても立ち入らないようにして下さい。

ご迷惑をお掛けしますがご協力をお願い致します。

 

 

 

 

冬期ニジマス釣場営業再開のお知らせ

 

台風19号から3週間、河川の修復に長い時間がかかってしまいましたが小菅川冬期ニジマス釣場は11月1日より営業を再開致します。アングラーの皆様には大変長らくお待たせして申し訳ございませんでしたが何とか連休に間に合って良かったです!

10/29(火)に修復作業が終わり、濁りも引き始めてきたので明日10/31(木)の夕方に放流を行います。

 

 

 

一足早く再開したフィッシングヴィレッジは連日釣り人が来ています。

修復作業も同時に行っているため作業場所より上流で釣りをお願いしています。

 

冬期ニジマス釣場最上流部です。

 

 

駐車場の整備も終わり平に慣らしてあるのでお車で川原に降りても大丈夫です。

 

小菅橋の工事も間もなく始まります。

 

小菅橋より下流域は、工事が始まると立ち入り禁止になるようです。下流域には放流しませんのでご注意下さい。

 

小菅村では紅葉が始まってきました。ようやく平穏な秋が訪れようとしています。今度の連休は紅葉には少し早いですが、少しずつ色付き始めた景色を楽しみつつ、今まで釣りが出来なかった分、存分に楽しんで下さい(^^)