春の大雪 積雪は30cmに

  この冬は乾燥続きでしたが、2月に入ってから一転し、雨量を記録しています。昨日14日の夕方から本日の明け方まで粉雪がシンシンと降り続きました。積雪はなんと30cmにおよび、一面の銀世界でした。
         
午前8時のFV 気温0度       午後1時のFV 気温7度、水温5度 

 日中は春の陽射しが降り注ぎ、南向きの道路の雪は大方なくなりました。奥多摩方面から冬季ニジマス釣り場までの間は南向きですので、路面に雪はありません。しかし、北向きの上野原や大月方面への道路の雪は、数日は残りそうです。お越しになる場合は冬用タイヤが無難です。
         
 R139号 東部地区          道路脇にハギマシコが
 
なお、この時季は、融け出した雪での凍結や天気の急変などがあります。道路情報が必要な場合は、小菅村役場へお問い合わせください。
 小菅村役場0428-87-0111 午前7時〜午後10時

積雪10cm 早朝の凍結に注意を

  昨日から今日にかけ、雪が降ったり止んだりの天気です。積雪は10僂如△海療澎貳屬旅濱穃未箸覆蠅泙靴拭12月以降ほとんど雨量がありませんでしたので、恵みの雪です。渇水の小菅川も少しは水量が戻りそうです。

 正午のフィッシングヴィレッジ。気温0度、水温3度
 
 道路は除雪がされ、日当たりの悪い場所を除き、ほとんど雪はありません。しかし、道路脇の雪が融け出し早朝は路面が凍結する箇所がでてきます。数日の間はくれぐれも慎重な運転を心がけがけて、ご来村ください。

 除雪は午前中でほぼ終わりました


道路脇の雪で早朝は路面が凍結する箇所が出ます。運転は慎重に


ヤマメの里

  小菅村はヤマメの人工養殖発祥の村で、別名「やまめの里」とも呼ばれています。現在村内には4軒の養殖者がいて、多くのヤマメ、イワナ、ニジマスを生産しています。一昔前までは、この多くは近在の渓流釣り場へ出荷されていましたが、最近は釣り場での需要が減少傾向にあり、新たな販路の開拓が必要になってきています。
 その一環として、昨日富士吉田市で開催された「第2回山梨農と食のコラボ」へ小菅の魚を出展してきました。品目は、イワナの刺身、イワナとヤマメの燻製、イワナの骨酒の4点、いずれも高い評価をいただき、新たな販路が拓けそうな感触を得ました。
 イワナの刺身は小菅の湯、旅館・民宿で、燻製は小菅村物産館で販売していますので、ご賞味ください。
  
 
今日2月10日、正午の気温は10度、水温は5度になりました。早朝にはホオジロが盛んに囀り、庭先には福寿草やオオイヌノフグリなど、早春の花も咲き始めています。春は確実にやってきています。
              
    福寿草              フグリ
   
 三寒四温のこの季節、今夜からは雪になるだろうとの予報です。明日からの3連休、小菅へお越しになられる場合は、道路状況をお確かめください。
・問合せ先:小菅村役場 
       0428-87-0111 
       午前7時〜22時まで