渓流シーズン到来!!「飯田重祐氏・渓流ミノーイングスクール」開催のお知らせ

小菅村漁協イベント・アングラーズリパブリック
飯田重祐氏 渓流ミノーイングスクール開催のお知らせ
      「実践・渓流ミノーイング&リバーウォーク・テクニック編」 
                                    
開催日: 第1回 2010年4月16日(土)
開催日: 第2回 2010年5月21日(土)
場  所: 山梨県・小菅川流域 (小菅村漁協管轄エリア)
時  間: 9時〜13時
募集人数: 各回最大5名

詳細は下のバナーをクリック


JUGEMテーマ:トラウトフィッシング 
 

三寒四温

  月曜日の雪は昼過ぎに止みましたが、夕方から再び降り出しましたので源流部の日当たりの悪い場所では30cm近く積りました。昨日から天気は回復していますが冷たい風が吹き、最高気温は10度に達しません。予報ですと、金曜日から春の暖かさが戻るようです。今日の正午の気温は8度、水温は5度でした。まだ、水温は低いのですが、日当たりの良い淵では小型カワゲラ類がハッチし、それを狙うライズが起こっていました。
 今期、C&R区間への放流は方法や場所に新たな試みを行っています。その試みは、_魘愼の放流を減らし、その減らした分をを3月中に数度に分けて放流する ⊃緡矛廚ら上流部への放流量を増やす の2点です。特に水量計から上流へは人力で石を動かし、簡易な堰を数箇所に設けました。堰の設置で緩やかな流れができ、ライズがかなり見られていますので、上流部へも足を伸ばしてください。  また、支流の一つに白沢川があります。この川は両面護岸されている場所が多いのですが、ここで育ったきれいなヤマメに出会えます。小さな川ですので2名位での釣りとなりますが、そちらも覗いて見てください。
 
C&R区間の中間部、大成沢出会い付近。日当たりもよくライズが見られました
 
支流の白沢川。写真右の階段上で20cm前後のヤマメが盛んにライズしていました

 昨日から金風呂の公衆トイレの改修工事が始まりました。工期は3月末で、この間すずめのお宿、もしくは余沢橋のトイレをご利用ください。金風呂トイレは改修後は洋式となります。

工事の終了は3月末で、それまでの間使えませんのでご承知ください

 早春の花たちが咲き始めています。マンサク、ダンコウバイなどの黄色の花、カタクリ、スミレ類などのピンクの花などがこれから順次咲いていきます。渓流沿いでもそれらの花に出会えますので、釣りの一時、周囲にも視線を注いでみてください。
 
セツブンソウ(小菅に自生地は無く栽培です)     開花間際のヒメオドリコソウ

魚たちの休息日

  土曜日の正午に解禁した小菅川、土・日曜日と天気は良かったのですが冷え込みが厳しく、水温が上がりませんでした。日曜日の正午の気温は10度、水温は4度でしたので、魚の活性も低く、ルアーはスプーンに、フライはニンフで釣られていた方に分がありました。しかし、昼頃からはユスリカ、クロカワゲラのハッチがかなりあり、ドライフライでも釣れていましたし、ルアーも重めのミノーをゆっくりと縦のアクションで引いてた方はそこそこ掛けていました。
  
年越のイワナとニジマス。30cm前後のイワナ、40cm以上のニジマスの年越魚が多くいます
 
18番のCDCダンで釣れた年越ヤマメ  カワガラスの巣。産卵を終え、抱卵に入っていました

 土・日の2日間、連日70人以上に攻められた金風呂C&Rの最下流部も、今日は雪でひっそりとしていました。今日、正午の気温は2度、水温は3度、積雪は約10cmです。雪は昼過ぎには降り止み、夕方までには陽射しも出そうです。まとまった雪で水量も5cm以上増えました。水温の低下が気になるところですが、今日一日、魚たちは十分な休みが摂れたと思いますので、明日以降また元気に遊んでくれそうです。
  
案山子の頭には10cm以上の雪が       水量計の淵。水位が5cm以上増えていました

  なお、道路状況は、奥多摩方面から小菅フィッシングヴィレッジまでは全く問題ありません。しかし、上野原方面からですと鶴峠の前後が明日一杯は冬用タイヤが必要です。また、小菅川の源流部は20cm以上の積雪となっています。源流部の道路の除雪は行いませんので、今週末頃までは道路に雪が残ると思います。

金風呂地区、正午の道路の状況。路面に雪はほとんどありませんでした


正午の小菅の湯入口付近。除雪が始まっていましたが、所々に圧雪が残っていました