ニジマスの産卵

  金風呂のC&Rエリアではニジマスの産卵が始まっています。1月下旬頃から産卵床が見られましたが、ここにきてその数が増えてきています。まだ、産卵の初期で親魚の姿を見かけることは少ないのですが、産卵床の大きさから50cm以上の大型魚が産卵しているようです。解禁の3月初旬頃が産卵の最盛期で、産卵行動をとるニジマスの姿があちこちで見られると思います。大型魚が寄り添い、その周りの川底が白くなっていましたら、ルアーやフライを置いて、そっと見守ってください。
 また、木の葉の溜まった淵ではイワナ、ヤマメがクルージングをしながら時折ライズする姿が目に付きました。岸の雪の上にはクロカワゲラが止まっていましたので、たぶん、これを狙っていたのでしょう。
     
 中央がニジマスの産卵床       木の葉溜まりでライズが

 40cmオーバーのペアー。前方が♂、後方が♀で、♀は産卵床に定位していた 

午後3時頃に橋立の一番堰堤から二番堰堤の間の天然魚の様子も見てきました。二番堰堤までは道路に雪はなく、川原も10cm位の積雪でした。水量は少なく、水温は金風呂の5℃より2℃低く、3℃でした。ライズは見られませんでしたが、淵尻に出ているヤマメがいましたので、時間帯によってはライズをしているのでしょう。
      
 一番堰堤の上             淵には良型の天然山女も
 
 この季節、いつも島木赤彦の歌が浮かびます。それは
  高槻の こずえにありて 頬白の さへづる春と なりにけるかも
 山里の春を待ちわびる気持ちが、ひしひしと伝わってくる一首だと思っています。
  
 小菅川の解禁まで2週間をきりました。魚たちの活性も日に日に高まってきています。解禁の準備はもうお済ですか。 



春の雨

  昨夜の夜半から早朝にかけて33mmのまとまった雨が降りました。気温は7度と暖かい雨でしたので、雪解けを誘い、午前中は濁りが入っていました。この雨で道路の雪すっかり融けましたので、安心して走行できます。

 午前9時30分のKFV、気温は7度。南側はすっかり雪が融けました。

  魚たちも水量が増え、元気を取戻すことでしょう。午前10時ころに冬季ニジマス釣り場の様子を見てましたら、水中は濁りが入り魚は見えませんでしたが水面には極小のユスリカがたくさん飛んでいました。

 午前10時の冬季ニジマスの最下流部。笹濁り状態でした


 冬季ニジマス最上流部。午前10時で水温は3度でした。

  明日は濁りもすっかりとれますので、ミッジの釣りが楽しめそうです。ただし、最低気温予想は氷点下4度となっています。早朝は路面の一部が凍結している箇所もありそうですので、安全運転にてお越しください。

春の大雪 積雪は30cmに

  この冬は乾燥続きでしたが、2月に入ってから一転し、雨量を記録しています。昨日14日の夕方から本日の明け方まで粉雪がシンシンと降り続きました。積雪はなんと30cmにおよび、一面の銀世界でした。
         
午前8時のFV 気温0度       午後1時のFV 気温7度、水温5度 

 日中は春の陽射しが降り注ぎ、南向きの道路の雪は大方なくなりました。奥多摩方面から冬季ニジマス釣り場までの間は南向きですので、路面に雪はありません。しかし、北向きの上野原や大月方面への道路の雪は、数日は残りそうです。お越しになる場合は冬用タイヤが無難です。
         
 R139号 東部地区          道路脇にハギマシコが
 
なお、この時季は、融け出した雪での凍結や天気の急変などがあります。道路情報が必要な場合は、小菅村役場へお問い合わせください。
 小菅村役場0428-87-0111 午前7時〜午後10時