水量計 魚道工事の様子


2009.3.20(fri) 撮影

JUGEMテーマ:トラウトフィッシング 
 

3月18日のCRの状況

  今日はとても暖かで風もなく、フライには絶好の日和でした。コカゲロウ、小型カワゲラが主体ですが、時折マダラカカゲロウらしき大型の
ハッチも見られました。
 トロ場では20番以下に分がありますが、瀬では16番のパラシュートで対応できそうです。また、大成沢出会い前後はニジマスの反応がとてもよかったそうです。
 水量計での魚道工事が本格的に始まりました。工事場所には立ち入り禁止のロープが設置してあります。その手前に桟橋がかけてありますので、水量計から上流へ行く場合は、この桟橋を使い、吊り橋を渡って行かれますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。 小菅村漁協 加藤

小菅川CRの状況

 解禁日、翌日の日曜日は水量が多く、魚の活性も上がりとてもよくルアーに反応していました。
今日の状況は、水位は20cmほど下がり、魚がすれてきたこともあり、
ミノーでは追うよりは避けるような状況です。
ルアーですと1g以下の小型スプーンの釣りに分がありそうです。
 一方、フライ、テンカラは日差しが出ればコカゲロウ、小型カワゲラ類のハッチがあり、
ドライの釣りが楽しめます。
特に流れの中には年越しのニジマスが定位しており、
ドライに果敢にアッタクしてきますのでお勧めです。             
  小菅村漁協 加藤