カワウとアオサギ

 7月の台風11号以降、C&R区間でカワウとアオサギの姿を見かけることが多くなりました。特に8月の中旬以降はその数が増え、多い日にはカワウ14羽、アオサギも10羽もいました。飛来時間は早朝の5時から7時頃、ここ数日は10羽前後の一群となり、C&R区間の下流部か、フィッシングヴィレッジへ降りています。
 昨日の午後、奥多摩湖の状況を見てきました。日中、カワウが休憩していることの多い、大蔵、深山橋、ダムサイトの3ケ所で、上流側から11羽、5羽、35羽と最低でも51羽以上を確認しました。大蔵は金風呂から3kmほど下流にあるアオコ対策施設で、いつもは3羽前後でしたが、昨日はカワウが11羽、アオサギも8羽いました。
  
  
 連日のように追払いを行っていますが、人馴れしたのか、全く懲りることなく毎朝飛来します。カワウとアオサギの影響からか、金風呂では魚の姿が見られなくなっています。県のカワウ対策担当者などに相談し、対策を講じていきますので、もうしばらくお待ちください。
 

 水温は17度前後、水量も平水よりやや多めと川の状態は良好ですが、魚の反応は今一歩といった状況が続いています。C&R区間で魚影が多く見られるのは、水量計の淵と大成沢出会い上流の瀬です。水量計から上流はカワウ・アオサギの飛来が少なく、水量計の淵は流速が早い上に深さもあるためカワウが付けないためのようです。区間をくまなく歩き、多くのポイントを探らないと中々魚に出会えません。シェイプアップを兼ね、動き回ってみてください。
  
  

 一昨日、昨日と10月中旬の気候になりました。特に火曜日は日中も15度前後で、村内のお年寄りで電気コタツを使った家もあったようです。このまま秋になることもないでしょうが、季節は確実に秋へと移って来ています。
  
 胡桃の実が熟し、この実が大好物のリスの姿を見かける機会が増えてきました。南へ帰る夏鳥の重要な食糧の一つのミズキの実も食べ頃になっています。鳥たちの囀りは殆ど聞くことがなくなり、ツバメの姿もめっきり減ってきています。渓流シーズンも残り1ケ月余り、今シーズンの締めの釣りができますことを、お祈りしています。
  

立 秋

 8日の立秋から暑さが一段落しています。最高気温も30度前後、朝は20度前後です。日中も爽やかな風が吹き、木陰に入ると快適です。ススキやクズ、センニンソウやタラなど、秋を感じさせる花が咲き始めています。
  
  

 ここ1週間は夕立もなく、水量は半分以下まで落ちてきています。最下流の金風呂での朝の水温は17度前後、日中でも20度くらいです。川の状態はまずまずですが、魚の反応は芳しくありません。
  
  
 魚の反応が悪い原因は、アオサギとカワウにあるようです。7月の台風11号以降、釣り人が入れなかった期間に、金風呂が格好の餌場になりました。以来、アオサギは8羽前後が夜明け前から、カワウは4羽前後が早朝だけでなく日中も飛来しています。ここ1週間、夜明けから追払いをしていますが、人馴れして図々しくなり効果が上がっていません。朝一番で金風呂に入られた場合、釣の前に区間を歩き、アオサギとカワウの追払いにご協力ください。よろしくお願いいたします。
  
 

 台風11号以降、金風呂は最下流まで車が入れません。駐車スペースは降り口の下流と上流側に設けてあります。降り口付近が一杯の場合は、上流側へ駐車してください。

 魚の反応は芳しくありませんが、そこそこは釣れています。疑似餌の種類、時間帯、狙うポイントなど、何時も以上に熱心に試みてください。ピレピンマスや夏ヤマメが応えてくれることがありますので。
  
   
 

台風11号

 例年にない早い時期に西日本に上陸した台風11号、この台風の雨雲で東日本でも記録的な大雨となりました。小菅村では、16日の未明から17日の昼過ぎまで断続的に降り続き、累積雨量は294ミリに達しました。16日の午前中には、1時間当たりの雨量が20ミリ以上の激しい降り方をした時間帯が続き、午前8時から9時では48ミリの豪雨となりました。
 16日から18日までの3日間、川池、余沢、金風呂の3箇所の6地点で、川の状況を撮影しました。撮影時間帯は、16日が16時前後、17日と18日が7時30分前後です。ただし、16日の川池の村営釣り場と冬季釣り場の2枚は、水量が最大に達する前の7時30分、12時30分頃に撮影しています。
  
  
  
  
  
  
 7月の2日間での雨量294ミリは、小菅でも例がありません。幸い、土石流や崩落での通行止めの発生もなく、停電も起きませんでした。今日は曇りで、時折小雨が降っています。水量も落ち着き始め、上流部の川池付近では釣り人の姿も見られました。ただし、数日は斜面が大量も雨水を含み、土砂崩落の危険性がとても高くなっています。また、水量が多く、川を渉るのは困難です。事故防止のため、小菅川への釣行は、今週の半ば以降としてください。なお、金風呂は、川が左岸側へ流れ、消防道路が流失しました。この復旧工事が終わるまで、車で川へは降りられませんので、ご承知おきください。
 

梅雨空

 シトシトと梅雨特有の雨が降り続いています。気温も低く、最高気温でも20度前後です。降り続いた雨で水量は、この時期の平水に戻っています。
  
  
  
  
 連日の雨で釣り人も少なく、魚たちの警戒心も薄れてきているようです。今日の昼過ぎ、雨具を着てフライで10分ほど魚の状態を探ってみました。水温は14度、水量が多いせいでしょうか、岸寄りや瀞場での反応が良好でした。
 明日から天気が回復し、週末から数日は梅雨の晴れ間も見られるとの予報です。この週末は、夏の陽射しを浴びながらリフレッシュしたマスたちとの駆け引きが楽しめるのではないでしょうか。ただし、台風の進路次第では、雨になることもありそうですので、最新の天気予報を確認の上、お出かけください。
  

 アジサイやホタルブクロの花は盛期を過ぎ、終盤を迎えています。入れ替わるように、夏を代表するネムやノウゼンカズラの花が咲き始めました。暑い夏は間もなくです。
 いつの間にか、シーズンも終盤に入り、禁漁まで2ケ月半余りとなっています。少しピッチを上げ、残りの日々をお楽しみください。
  
  
 

久々のまとまった雨

 今日の未明から雨が降り続いています。15時までの総雨量は37ミリ、午前中には時間10ミリの強い雨の時間帯もあり、久々に川が濁っています。
  
  
  
 小菅川は雨の降り方にもよりますが、60ミリ以下の雨量では翌日まで濁りが残ることはありません。しかし、今後の降り方次第では、明日の釣行が難しくる事態も考えられます。明日の釣行は、お出かけ前に小菅の天候と雨量を確認してください。
 小菅の雨量の状況は こちら の『松姫峠下』で 

梅雨入り

 8日の月曜日、関東甲信地方の梅雨入りが発表されました。小菅では5〜6日に38ミリ、8〜9日に19ミリと、この1週間で60ミリ近い降雨がありました。しかし、それまでの日照りが長かったせいか、思いのほか川の水は増えていません。降雨前に比べると改善されましたが、まだこの時期の8割程度です。
  
  

 8日の夕方、一般区間の余沢橋から日影橋の間をフライで、2時間程釣ってみました。平瀬の多い区間で、水量がさほど増えなかったせいか思いのほかシビアでした。狙った場所から反応はあるものの、1度だけでなかなか針がかりしません。
  
 そんな状態がしばらく続き、ようやく針がかりしたのが10cm前後のニジマス、このニジマスが釣れてから反応もよくなり、15、23僂硫謄筌泪瓩判于颪┐泙靴拭
   
 日影橋の手前で戻り、再度反応のあった場所を攻めると、夕マヅメで活性が上ったのか、ちょっとしたポイントから20〜25cmのイワナが4連続でヒットしました。一般区間でも十分魚がいることに一安心しました。
   
 今年はウグイの遡上が、いつになく多いようです。8日には、余沢橋の上流で数百匹の一群が産卵し、金風呂の水量計の前後では数箇所で産卵していました。ここ数日は、8〜9日の雨で産卵が中断していますが、週末にはまたあちこちで産卵が再開するのではないでしょうか。浅瀬で水しぶきをあげて群れ集うウグイの産卵も、中々の迫力です。今週末、そんな場面に出会えることを祈っています。
  

 今、黄色の野イチゴや桑の実が食べ頃です。黄色いイチゴの和名はモミジイチゴ、小菅では粟撒きイチゴと呼び、このイチゴの開花に合わせて粟の種を撒いそうです。また、桑の実は一昔前の子どもには重要なおやつで、口を紫にしながら夢中で食べてものです。昨今、小菅でも桑や木イチゴの実を食る子どもは、殆どいないくなってしまいました。
  
 

お湿り程度の雨

 昨日の雨に期待したのですが、結果は12mmで水量の回復までには至りませんでした。今日は再び夏日となり、昨日の雨で僅かに増えた川は、前の渇水状態に戻ってしまいました。
  
  
  
 渇水で魚の警戒心は強くなっていますが、日中でもライズは起きています。特に淵尻や枝の張り出した対岸などで見られます。落下している陸生昆虫を捕食しているようでしたので、フォーム材のフライで狙うとニジマスがそこそこ反応してきました。まだ、落下する虫が多くはないようで、着水と同時に数匹が集まることは稀でしたが、鰭ピン鱒の強烈な引きが楽しめました。夕方からはソラックスやパラシュートに換え、一段と艶やかさを増した夏ヤマメも手にすることができました。
  
 昨日、14番のパラシュートに盛んに反応するものの、なかなか針がかりしないことが続きました。ようやく手にしたのが下の3種、この春に産まれたヤマメとニジマス、そして、アブラハヤでした。この春、清流苑から下流では多くのヤマメの稚魚が孵化しました。今は大きなものでは8cm以上まで育ち、幼魚になっています。フライに盛んに反応してきますので、釣れてしまった時は、何時も以上に丁寧なリリースをお願いします。また、一般区間の餌釣りでは、これから幼魚が頻繁に釣れてきますので、必ず再放流してください。
  

 『卯の花の におう垣根に ホトトギス 早も来啼きて 忍音もらす 夏は来ぬ』と唱歌に歌われているウツギの花が盛りを迎えています。ホトトギスの渡来は小菅では例年は5月の下旬頃ですが、今年は早く5月15日に初鳴きを聞きました。木々も深緑へと変わり、初夏の装いとなっています。秋に真っ赤な実をつけ、食用になるヤマボウシの花も咲き始めました。
  

真夏日

 先週から25度以上の夏日が続き、昨日は今年初めての30度、真夏日となりました。急激な暑さが続き、ジャガイモの花が一斉に咲き始めています。
  

 晴天の毎日で、雨が一向に降りません。水量は平水の半分くらいまで落ち、水温も昨日は17度まで上がりました。渇水で魚の警戒心が強まり、慎重なアプローチが求められています。
  
  
 フライはアントやビートルなどの陸生昆虫で、木陰や岩盤ぎりぎりを狙うと反応が得られます。日中のライズは散発ですが、夕方6時頃から7時過ぎまでのイブニングは、あちこちでライズが起きています。特にまずまの7時頃には、14番前後のパラシュートでも釣れてきます。短時間になりますが、時にはイブニングも楽しいものですよ。
  

 道路沿いのフェンスなどで今盛りを迎えている白い花はバラ科のテリハノイバラ、渓流沿いでは大きな房状の白い花をつけるオオバアサガラが咲き始めています。
  
 小菅川一帯に、カジカガエルの声が響き渡っています。小さな体にも関わらず、良く通る大きな声で、夜間も盛んに鳴いています。
 昨日の早朝には、カワウの追払いの花火に驚いたのか、3頭のシカが10mほど先で5分以上も静止し、じっくりと対面できました。様々な生き物との出会いも、また、一興です。初夏へと移りつつある小菅の自然をご堪能ください。
  

足を延ばしてみませんか? その2

 前回のフライ・テンカラに続き、今回はルアー向けの区間、3ケ所を紹介します。
 ’鯊川合流点から清流苑までの600m
  
 多摩源流木工場前に駐車して、白沢川の雨乞いの滝左岸の遊歩道沿いに下ります。滝へ下りる前に100m程、支流の白沢川を探ってみても面白いでしょう。
  
 白沢川の合流点から下流へ200m程下ると蛇石の淵で、この淵は渡渉できません。合流点まで戻り、上流400mでヤチグラの滝になります。この滝は巻けませんので、100m程戻り、左岸の堤防に設置された階段を上がり村道を歩いてスタート地点へ帰ります。
◆.筌船哀蕕梁貍紊ら村営釣り場までの1km
  
 国道と原始村入り口の交差点の上流の左側に数台の駐車スペースがあります。降り口は、山女道の看板の電柱です。平山キャンプ場までは深い淵が連続し、イワナが期待できます。キャンプ場手前、もみじ橋下の淵は通過が困難です。右岸に設置された遊歩道で巻いてください。キャンプ場から先は前回紹介済みです。
 酒井養魚場上から二番堰堤までの1.6km
  
 酒井養魚場入口の前後に、通過車両に支障をきたさない様に左側に寄せて駐車し、歩いて川へ降ります。ここから一番堰堤まではイワナの発眼卵以外の放流は行っていませんが、下流から放流魚の一部が遡上してくることがあります。大岩や深い淵が連続し、ルアー向けのポイントが多く点在しています。

  
 一番堰堤は、左岸に設置された階段が利用できます。堰堤から上流は在来ヤマメの区間となり、持ち帰る場合は最大でも5尾までです。約800mで二番堰堤に行き着きますので、左岸側の杉林の釣り人の付けた道で高巻き、100m先から右側の山道で道路へ出て戻ります。(※河川の右岸・左岸は上流側から左右がつけられています)

 ルアー向きの区間は渓が深く、一部落石もみられます。渓流釣りでの事故は自己責任、細心の注意を払ってください。

 前回、今回で紹介した6ケ所以外にも、まだ、多くの区間があります。時にはC&R区間を離れ、小菅川の豊かさの一端を体感されてみてはいかがでしょうか。


 C&R区間は全域にウグイが群泳しています。晴天が続き、水量がめっきり少なくなったためか、魚の警戒心が強くなっていますので、慎重なアプローチが欠かせません。ドライはメイフライからテレストリアル系へ移りつつあります。ルアーも甲虫などのトップ系が面白くなってきているのではないでしょうか。
  
  

 木々は、萌黄から新緑へと移ろい、来週以降は深緑の季節に入っていきます。
  
 今、山藤の花が満開です。渓流沿いのみならず、村内の随所で紫の花が楽しめます。また、秋から冬にかけ、リスたちの重要な食料となるオニグルミも花を一杯に咲かせています。多くの実を付け、リスたちに冬の食糧を提供してくれることを願っています。
  

お知らせ その1
 今季、第2回目のルアースクールが、5月10日(日)にC&R上流部の吊橋付近から日影橋の間で行われます。当日の午前9時から12時頃まで、この区間では飯田さんを筆頭に10名前後のルアーの一行が釣りをしています。ご理解とご協力をお願いいたします。
お知らせ その2
 5チャンネルのテレビアサヒの4月からの新番組『 一から十(住)』(毎週日曜日の18時30分〜19時)で小菅村が放送されています。6月初旬頃まで毎週、小菅村の様々な風景や村民が登場しますので、ご覧ください。

 

足を延ばしてみませんか? その1

 小菅川本流の流程は約18km、支流で最長の白沢川は約6kmで、ほぼその全域にヤマメ、イワナが生息しています。多くの釣り人で賑わうC&R区間は、本流の最下流部の2kmだけ、小菅川にはまだ多くのポイントが存在しています。時にはC&R区間から一般区間へ足を延ばしてみませんか?。
 そこで、今回と次回は、C&R区間以外の代表的なポイントをフライ・テンカラ、ルアーに分け、3ケ所ずつご紹介します。まずは、フライ・テンカラから。
〕沼地区のC&R最上流から日影橋上流のゴルジュ手間でまでの500m
  
 C&R区間の上流部から続くこの区間は、30年前まで川砂利の採取が行われていました。このため、大石は少なく、平瀬が連続しています。5月中旬以降、ヤマメは好んでこの平瀬に付き出します。餌釣りの人が絶えず入っていますが、小さなポイントを丹念に探ると、川育ちの綺麗なヤマメに出会えます。餌釣りの人が上がる10時以降がお奨めで、川原も広く、伸び伸びとラインを振れます。駐車場は余沢橋先のテニスコートの左側をご利用ください。
∧浸灰ャンプ場から村営釣り場までの400m
  
 キャンプ場の30m程手前の駐車スペースに駐車し、キャンプ場前から釣り始めます。前半の200mは淵が点在し、イワナの大物も期待できます。トラウトガーデンの橋から上流の後半部は瀞場が多くなり、6月以降は右岸側は葦に覆われます。葦際にヤマメ・イワナが付きますので、根気良く狙ってみてください。葦で釣りずらいため、魚影の濃い区間です。

8士部の五番堰堤から六番堰堤までの1km
  
  

 金風呂から約10km上流、白糸の滝駐車場の1km手前です。左がわに茶色のガードレールが設置され、この起点に漁協の尾数制限の看板が設置された所から川に降ります。川原に出る手前で右側から沢が流れ込んでいますので、この沢に沿って下り、合流点付近から釣り始めます。前半の500mはチャラ瀬ですが、その中に多くのヤマメが付いています。餌では釣りになりませんが、遠くから毛鉤を落すとヤマメが反応してきます。ただし、渇水時よりやや増水時がお奨めです。天然魚ですので、最新の注意が必要ですが、的確にポイントに入ると思いのほか簡単に毛鉤を咥えます。また、後半の500mは木々に覆われ、ヤマメに混じりイワナが反応してきます。六番堰堤は高巻きできませんので、川沿いに戻ってください。途中、1ケ所ですが落石が時折発生する場所がありますので、ご注意ください。

 今週は今年初めての夏日も記録し、最高気温は連日20度を上回っています。水温も早朝で11度、日中は14度位まで上がってきました。水量は平水に戻り、状態は良さそうなのですが、C&R区間ではドライ・ルアーへの反応はイマイチです。集中したハッチが少なく魚が水面に関心を持たない、ウグイが群泳して落ち着かない、などが原因しているようです。淵尻や沈み石の頭などに魚が付き始めていますので、テクニックを駆使して挑戦してみてください。また、あまり使われていない毛鉤やルアーが効を奏すのかもしれません。
  
  

 木々の芽吹きは千差万別で、今、小菅は『山笑う』季節の最盛期です。家の庭先などでは古くから小菅で植えられているサクラソウが咲き誇り、数は少なくなりましたがヤマシャクヤクの花も見られます。道路端などで白が目立つのはイチリンソウ、源流部では秋に真っ赤な実をつけるマムシグサの仲間がひっそりと咲いていました。