寒の戻り

 今朝の最低気温は−6度、季節が1ケ月程後戻りしました。県内の山中湖村の最低気温は、−10.5で全国で一番の寒さだったそうです。小菅川一帯で水飛沫が凍りつき、水温は4度以下になりました。
  
 集落周辺の雪は殆ど消えましたが、小菅川源流の大菩薩方面は月曜日に降った雪で真っ白です。寒の戻りは金曜日頃まで続くようです。
  


 土曜日の解禁から5日、一般区間の釣り人は一段落し、川沿いの車も疎らです。冬季釣り場では、群れ泳いでいたニジマスの姿が全く見られなくなっていました。
  
  
 C&R区間は平日でも、10名以上の釣り人で賑わっています。昨日の午後、金風呂ではライズあり、1時間程ですが20番前後のフライに良く反応したそうです。しかし、今日は急な冷え込みと一日中吹き荒れた北風で魚の活性が低下し、多くの釣り人が苦戦していました。
  
  


 金風呂の土砂の搬出工事は、今週の土曜日で終わるそうです。混雑が予想される土曜日までの工事となり恐縮ですが、ご理解とご協力をお願いいたします。侵入道路の出入り口に警備員がついていますので、その指示に従ってください。また、駐車スペースは、カラーコーンの河川側で、左岸の護岸沿いはダンプカーの専用路となっています。今週の土曜日まで、左岸の工事用道路への駐車はできませんのでご注意ください。
  


 寒さの中でもスイセンが開花し、紅梅は間もなく満開を迎えそうです。寒の戻りも金曜日まで、土曜日から春の暖かな日が続くとの予報です。気温の上昇とともに水星昆虫のハッチが増え、魚の活性も高まってきます。春の日差しを浴びながら、まだ掏れていないマスたちとのんびりと過ごす一日、今週末からそんな早春ならではの釣りができますことを願っています。
  
 

新 春

 2015年の新たな年がスタートして早8日、いかがお過ごしでしょうか?。改めまして、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
     
 魚が群れ泳ぐ小菅川の復活を目指し、小菅漁協がC&Rを始めて17年目に入りました。台風やカワウなど、思いもよらぬ事態が次々と起こり、中々この実現には至っていません。一歩ずつですが、魚の群れ泳ぐ小菅川に向けて精進していきますので、本年も旧に倍しましてのご支援、ご協力をよろしくお願いい申し上げます。

 6日は小寒、寒さはこれから節分までの4週間余りが最も厳しくなります。寒さは厳しくなりますが、昼の時間は着実に伸びてきています。陽射しの入らなかった従来の冬季釣り場の上流部にも、除々に日が当たりだしています。今月中旬の小正月を過ぎれば、一段と日差しが戻り、この頃からはオナシやクロカワゲラなど、小型のカワゲラの孵化も見られるようになります。
  
  
 今日の水温は3度、この水温の中でも日中にはユスリカがハッチし、冬季釣り場の下流部ではあちこちでライズが起きていました。風が吹くと体感温度が下がり辛抱の釣りになりますが、無風の日には暖かな陽射しを瀬に受けながら、ミッジの繊細な釣りが楽しめます。厳冬期のこの時期、ミッジの釣りでは、時間帯や釣れる場所など、制約が多くあります。今現在、下流部でコンスタントにライズが見られているのは、下の写真の4ケ所です。
  
  
 でも、もう少しお持ちください。今月の中旬以降になると、小型カワゲラのハッチが始まり、区間のあちこちで20番前後のドライで釣れるようになります。それまでの間、ドライにこだわる方は、24番以下のミッジをご用意ください。なお、日当りは良好でも、風が吹いたり、陽射しが入った後は寒さが堪えます。防寒対策をしっかりとされてお越しください。
 本年もよろしくお願いいたします。
  

大晦日

 2014年も今日で終わり、明日からは新しい年が始まります。今年の釣りは、いかがでしたでしょうか?。このイワナはあの渓で、妖艶なアマゴに感激した川、C&R区間の野生ニジマスとの強烈なファイト、イワナとヤマメのペアーなど、など、魚たちとの様々な思い出ができました。来年もまた、多くの出会いができることを願っています。
  
  

 昨日、餅つきをしました。3升ずつ、4臼つきましたので、今日は腰がパンパンに張っています。お正月用の餅は、29日は苦餅といって嫌い、28日か30日につきます。子どもの頃は、28・30日には朝早くから餅をつくの音が集落のあちこちから聞こえました。今は小菅でも殆どの家庭が餅つき機を使い、臼と杵でつく家は数えるほどになりました。腰は痛くなりますが、機械とは一味も二味も違う味わいの餅。体の続く限り、正月の餅は臼と杵で揃えたいと思っています。
  
  


 29日は予報どおり、天気が崩れました。降り始めは霙で、明け方、日陰向きの道路はアイスバーンになりました。7時頃から気温が上がり、雨に変わりアイスバーン状態は解消されました。昨日、今日とも快晴、風もなく穏やかな天候になっています。奥多摩方面からの道路は乾き、路面は全く問題ありません。しかし、日陰向きの道路の一部や橋の上などは、早朝凍結していることがありますので、慎重な運転を心がけてください。また、東部地区の先では道路工事に伴い、道路が狭くなっている箇所があります。年末年始は交通整理員はいませんので、この区間では徐行運転をお願いいたします。
  
  


 昨日の冬季釣り場は、釣り収めでしょうか、10名以上の釣り人が訪れていました。日当たりは悪いのですが、ライズの多い従来の区間でも数名のフライマンがドライで粘っていました。

  
  
 25日の午後、延長した下流部の一部を改修しました。小さく区切られた堰を取り除き、長めのプールを4ケ所設けました。26日の夕方には、この区間に40圓鯆媛段流しました。放流した魚も川に慣れ、下流部でもあちこちでライズ見られてきています。お正月休み、冬季虹鱒釣り場で、初釣りをお楽しみください。なお、日釣券は、『湯の宿ひろせ』が正月中も販売できるとのことですので、そちらでお求めください。
  
  






 

冬 至

 22日の冬至から3日過ぎました。日没の時間が遅くなり午後5時過ぎまで明るく、日が延びてきていることが実感できます。冬至は太陽の周期により作られた二十四節季の起点で、太陽の復活の日とされています。二十四節季では、冬至→小寒→大寒→立春→雨水→啓蟄→春分→清明→穀雨→立夏→小満→芒種→夏至→小暑→大暑→立秋→処暑→白露→秋分→寒露→霜降→立冬→小雪→大雪の順で一年を表わします。
    
 今年の冬至は、月の復活の日とされる新月と重なる朔旦冬至でした。太陽と月の周期の違いから、冬至と新月が重なるのは19年に1度だそうです。昼の時間が延びていくと気分も明るくなってきます。本格的な寒さはこれからですが、年明けとともに2ケ月後となる解禁が心待ちになってくるのではないでしょうか。
 鳥たちの活動も活発になってきています。奥多摩湖に佇むカワウは繁殖羽で頭部が白くなり、暖かな日には囀るカワガラスも見られます。林ではコゲラが虫を探して飛び交い、ジョウビタキは残り少なくなったツルウメモドキやヌルデの実を啄ばんでいました。厳しい小菅の冬を元気に乗り切ってもらいたいと願っています。
  

 中旬から急に寒くなり、水温が3度近くまで下がっています。水温の低下とともに魚たちの活動も鈍くなり、岩陰や深みに潜み動きません。C&R区間でも魚の姿を見つけるのが難しくなっています。
  
  

 延長された冬季釣り場、日当たりの良い下流部には平日でも6名前後がみえています。水温の低下で魚の動きは鈍く、流下もユスリカだけですので繊細な釣りが必要です。ドライでは26番以下の極小ミッジ、ニンフも20番以下が無難です。ルアーはスプーンで底をゆっくりと転がしたり、糸ふけで当たりを取らないとキャッチできないようです。
 昨日の夕方、延長区間の一部を手直ししました。小さく区切った淵の堰を取り除き、長めのプールを数箇所に造りました。深さや流れに変化を付けましたので、数日して落ち着けば釣れてくるのではないでしょうか。
  
  
 日当たりは良くありませんが従来の区間は小菅川ではユスリカが最も多く、真冬でもライズします。寒さ対策をしっかりとされ、足の運動を兼ねながら上流部へも足を運んでみてください。
  


 

C&R区間の状況

 禁漁から2ケ月余りが過ぎました。10月に相次いだ台風による土砂堆積などの修復も終わり、C&R区間は初冬の佇まいを見せています。金風呂では、11月中旬から秋産卵のニジマスの産卵床が10ケ所以上にできています。秋産卵のピークは過ぎた模様で、今朝は産卵床に定位しているニジマスはいませんでした。春産卵の始まるのは2月中旬頃から、それまで厳しい冬を凌いでもらいたいものです。
  
 水量計と大成沢出会いの淵には、数多くの魚が群れています。中には50cm以上のニジマスも見られます。このサイズは数年以上川で生活し、野生化しています。運良く針ががりできれば、ニジマス特有の強烈なファイトが堪能できます。来春の解禁が楽しみです。
  
 玉川合流点から上流は、昨年からヤマメ・イワナのみを放流しています。今年も禁漁後の10月から11月にかけ、産卵用の親魚30圈¬擴射楜場からの寄付30圈∧擦擦60坩幣紊離筌泪瓩鯤流しました。暖かな日中には、ライズするヤマメやイワナがあちこちで見られます。また、淵底には、ウグイの幼魚やアブラハヤが群泳しています。落葉も適度に堆積し、多くの水生昆虫の発生が期待できそうです。
  

 今日は朝から南風が吹き、気温が上がっています。最低気温は0℃でしたが、9時には10℃になりました。冬季釣り場の9時の水温は6℃、気温が上昇したこともあり、すでに多くのライズがおきていました。羽化直前のユスリカを捕食しているようで、水面を吸い込むようなライズでした。
  
  
  
 雨の予報からか、釣り人は一人もなく、渡茶橋の上流の淵では19羽のカルガモが群れ泳ぎ、上空では数羽のアオサギが旋回していました。師走に入り、水温が下がってきています。ハッチの主体は24番以下のユスリカ、ドライでの釣りにはミッジが欠かせません。また、ルアーは小さなスプーンやトッププラグなどで、ミノーでの釣りは厳しくなってきています。
  

追 伸

 前回お知らせした甲斐サーモン燻製ほかの魚の加工品の販売について、価格に誤解を生じさせる記述がありました。甲斐サーモン燻製1,200円、骨酒用岩魚500円、山女魚の塩焼き2尾800円は、2割引きの特別価格です。この価格から2割引くことはありませんので、ご承知おきください。
  
 なお、ご注文の期限は明日の12月5日までです。贈答セット、魚の加工品のご注文は、下記のメールからお申込ください。
 メール : kosuge@shokokai-yamanashi.or.jp

 

ヤマメ・イワナの産卵

 18日の土曜日、バーブレスフック普及協会の6名の皆様にお手伝いいただき、玉川での産卵床造成、ヤマメ増殖のための親魚50kgの放流などを行いました。
  
  
 産卵床造成を行った玉川には翌日からイワナが遡上し、今朝は3ケ所で定位するペアーを始め、10尾以上のイワナが見られました。
  
 ヤマメ親魚50kgの放流は、C&R区間最上流部、平山キャンプ場、支流の白沢川の3ケ所へ行いました。本流はまだ水量が多く、産卵は週末以降になりそうですが、白沢川では産卵適地に定位するペアーや単独雌が見られました。
  
 例年、小菅での産卵は、10月初旬から下旬がヤマメ、10月下旬から11月中旬がイワナですが、今年は両種の産卵が同じ頃になりそうです。産卵の様子が見やすい場所は、玉川、白沢川の集落内、冬季釣り場の上流などです。釣りの合間に産卵ウォッチングをお楽しみください。ただし、必要以上に近づいたり、水中での撮影など、産卵の妨げとなるような行為は厳にお慎しみください。

 先週から今週にかけ、土木の河川維持工事で余沢橋下流から水量計上流までに散在していたコンクリや鉄筋廃材などの撤去が行われました。この工事に併せ、魚が付きやすいような川づくりも行っていただきました。このまま来春の解禁まで大雨が降らなければ、多くの魚が越年します。来年の解禁がとても楽しみです。
  
  

 今日は朝から雨、冬季釣り場には釣り人は一人もいませんでした。予報では雨は明日の夕方まで、断続的に降り続くとのことです。オープンから攻め続けられたニジマスたち、この2日間はのんびりと過ごせそうです。水量が落ち着き、放流魚も川に慣れ、様々な場所に付いてきています。ハッチする水生昆虫も20番以下のコカゲロウやカワゲラに混じり、14番前後の大きなものも見られ始めました。今週末以降は、大型のドライフライでも釣れるようになるのではないでしょうか。
  
  

 標高600m前後の集落周辺でも、紅葉が進んできています。紅葉のピークは、雄滝や白糸などの源流部や松姫峠などは今週末から来週頃、集落周辺は11月初めから中旬頃になりそうです。秋の盛りを迎えている多摩源流・小菅の里へ足を延ばしてみませんか。
    

冬季ニジマス釣り場 その4

 2週連続して週末明けに上陸した台風18・19号、幸い小菅では強風が吹くこともなく、雨量も思いのほか少なかったため、被害は全く受けませんでした。少なかったとはいえ、雨量は18号が224mm、19号が75个任靴燭里如■噂鬼屬300侏召蠅留が降りました。今朝の冬季釣り場は濁りはありませんが、水量は台風の前の3倍以上になっています。
  
  
 今朝の状況は、放流直後で川に慣れる前に大雨が連続して降りましたので、流されたニジマスも多く、水量が多いこともあり、魚の姿はあまり見られませんでした。しかし、緩やかな流れにゆっくりとフライを流すと、反応してくるニジマスがいました。底に定位している上に、流れが強いため、咥え損なうことが多かったのですが、ドライでも数尾が釣れました。ルアーの人が一人いましたので様子を伺ったところ、白泡の中からイワナがミノーにアッタクしてくるとのことでした。冬季釣り場は一般河川の区間に設置していますので、禁漁中のイワナ・ヤマメが釣れてくることがあります。ルアーのトリプルフックの厳禁、バーブレッスフックの使用など、ルールを必ず守ってください。
  
  
 治山工事現場周辺の補修に併せ、区間全域の手直しを金曜日までに行い、土曜日の朝までにレギュラーサイズのニジマス60圓鯆媛段流します。水量も落ち着いてきますので、週末以降は台風前の状態に戻り、満足いただける釣り場になるのではないでしょうか。

 少しずつですが、木々が色づき始めています。一般的にヤマメの産卵は紅葉の初期から中期、イワナは後期から終期頃と言われています。本流で産卵することの多いヤマメは、産卵時期に入っても水量が落ち着かないと産卵を始めません。昨年は11月中旬まで水量の多い状態が続き、産卵するヤマメがとても少ない年になりました。今年は台風も今回が最後となって、多くのヤマメが産卵してくれるといいのですが・・・・・・。
  
  
  

 シュウメイギク(秋明菊)の花が咲き誇っています。秋明菊は、キク科ではなくキンポウゲ科の植物で、古い時代に中国から入り、国内に広く定着した花の一つです。小菅でマツタケの次期の目安とするツリバナマユミの実は、既に半数以上が落下しまていました。今年のマツタケも、終わりを迎えたようです。

 例年、小菅では10月中旬頃までには初霜が降り、冬鳥のジョウビタキが渡ってきます。これからは、天気によっては日中でも10度以下となる日も出てきますので、フリースなどを車に入れてお越しください。
  

夏はいずこへ

 今週はぐずついた天候で、一気に秋の気配になっています。朝の気温は16度前後、日中も20度で肌寒さすら感じます。猛暑の夏はどこへ行ってしまったのでしょうか。川の状況は、小雨が連日のように降っていますので、水量は平水を保ち、水温は16度以下になってきています。
  
  

 金風呂の水量計から下流では、依然、底に定位している魚が多く、反応が芳しくありません。今年は陸生昆虫が少なく、水面への関心が薄いようです。散発のライズは見られますが、小さな虫を捕食しているらしく、水面を流れる昆虫の姿は見つけられません。今日の午前中、18番から22番のコンパラ・クリップルダンを使い、ようやく数尾のニジマスをキャッチできました。細めのボディで、小さなフライでないと直前で見切ってしまいます。フライは、解禁当初のような繊細な釣り方が必要なようです。
  
  
  
 
 

 今、白い花を一面につけているのはヌルデとボタンヅル。小菅では、ヌルデの木を小正月の飾りに使いましたので、御門(オッカド)と呼んでいます。
  
 気温が下がり、適度な雨が降っていますのでキノコがあちこちに顔を出しています。今はイグチの仲間が主体ですが、これから様々な種類が見られます。日一日と秋が近づいてきているようです。
  
 

猛暑

 昨日は朝から強い南風が吹き、気温が上がりました。午後2時、もみじ橋に設置されている温度計は35度を表示、この夏初めての猛暑日になりました。小菅で最高気温が35度を上回る猛暑日は極めて稀です。今日も朝から気温が上がり、10時には既に31度に達しています。

 7月後半から夏日が続いていますが、夕立は8月1日の夜に1回降っただけです。このため、水量が急激に減ってきています。水温も早朝で16度、昨日の日中は20度近くまで上がりました。渇水と高水温で魚たちも夏バテ気味、活性の上がらない状態がしばらく続きそうです。
  
  
  

 月曜日の午前中、余沢橋から日陰橋までの約300mをフライで探ってみました。この区間は平瀬が多く、ドライ向きです。当日も日陰橋で戻って来た餌釣りの先行者がいましたが、そこそこ反応してくれました。C&R区間のように魚の姿を見ることは少ないのですが、スレていない分、フライへの反応は素直でバラシを入れると5尾が針がかりしました。ドライを好まれる方に、お勧めできる区間の一つです。
  
  

 大和撫子とも呼ばれるカワラナデシコ、蠟細工のようで幻想的な趣を漂わせるレンゲショウマの花が見頃を迎えてきました。5月から6月に一面に白い花を咲かせたミズキとウワミズザクラは、例年にないほど多くの実を付けました。1ケ月後にはこれらの実が熟し、南へ帰る夏鳥たちの重要な食料となります。
  
    
 

ナマズ

 晴天が続き、水量は平水を少し上回るくらいまで減ってきました。連日の真夏日で水温も早朝で16度、日中は18度以上になっています。
  
  

 数年前に気づいたのですが、7月に入ると金風呂にナマズが遡上してきます。大きさは40〜70cm、数は多い年には20匹以上見られています。今年も先週の土曜日にナマズらしき魚がいたという報告を受けていました。今朝、最下流から降り口までの各淵でナマズを探したところ、降り口の一つ下の淵に3匹いました。流れや白泡の中のものは見つけられませんので、10匹くらいはいるのではないでしょうか。産卵のために遡上してきているのでしょうが、まだ、産卵行動や稚魚は確認していません。

 
  
  
 

 今年はここ数年になく、オイカワの遡上が多くなっています。また、オイカワに似て、一回り大きなハスも姿を現しています。ナマズ、オイカワ、ハスともに疑似餌で釣れますので、挑戦してみませんか。
  
  

 
 今週、水量計の上から大成沢出会いまでの間で、葦や下枝の除去、深みの設置などの作業を行いました。今週末までにこの区間へニジマス30圓鯤流します。作業中、魚の姿はあちこちで見られましたので、足を延ばしてみてください。  
  
 

 
 ネムの花が満開を迎えています。人家の周辺などで一際目を引く赤い花はノゼンカズラ、早朝には富士山に良く似合うという月見草も鮮やかに咲いています。